全国で人気の脱毛サロンを徹底的に調査して、利用者満足度の高い本当に価値のある全身脱毛を任せられるサロンをご紹介しております。

セルフ処理のトラブル

  • HOME »
  • セルフ処理のトラブル

炎症や埋没毛のトラブル

自己処理はお肌にダメージを与える…とこっぴどくお話ししていますが、実際にどんなトラブルが起きるのか、ご存知でない方も多いことでしょう。
ここからは、自己処理で起こってしまうお肌のトラブルについてご紹介していきます。

まずは、炎症や埋没毛ですね。炎症や埋没毛は、ムダ毛を抜いている場合によく起こってきます。
どうしてこのような現象が起きてしまうかというと、それが毛を抜くときに与えてしまうお肌へのダメージなのです。
毛を抜く際に、毛根は毛穴にしっかりくっついています。それを無理矢理引っこ抜くわけですから、毛根と一緒に毛穴の肌細胞までも一緒に引きちぎってきてしまうのです。
そうすると、毛穴に微細な傷ができ、そこが炎症してしまうのです。炎症が起きた毛穴は、赤く熱を持ってしまいます。小さな蚊に刺されたあとのような隆起ができてしまうこともあります。
炎症をしてしまったら、とりあえず冷却をして不衛生にならないように注意をしましょう。

埋没毛とは、ムダ毛が皮膚の下で生えて来てしまっている状態の毛のことをいいます。
この状態は、ムダ毛を抜いた後の炎症が治癒した後、皮膚が毛穴を塞いで再生されてしまったことによります。
埋没毛は、また新たな炎症を引き起こしてしまいやすく、問題です。
もし出来てしまった場合は、先の尖ったものなどで毛先を優しくつついて出してあげれば良いですが、そこからもまた炎症を引き起こしやすくなるので注意が必要です。

Copyright © 全身脱毛サロン全国ガイド All Rights Reserved.